リスク管理について

トップページ » リスク管理について

保育設備・管理

毎月定期的に行われる、安全点検チェックリストに基づいた園内の点検。窓やドアの建てつけ、地震で倒れたり落下するものはないか、保育設備、備品はもちろんのこと、プールや広場の遊具、樹木にいたるまで詳細なチェックを行い、日々の生活の安全を心掛けています。

また、不審者の侵入を阻止するため、ゲートで訪問者をチェックしてから事務室でロックを解除する仕組みを利用しています。(年に2回、不審者対策として警備会社と連携をとり、防犯訓練も行っています。)

さらに、防犯カメラを4か所設置し、園周辺を常時モニターでチェックするとともに、24時間録画もしています。

衛生管理

園児・児童への手洗い・うがいの励行、来客入室時のエタノール消毒など、外部からの細菌をシャットアウト。職員は、厨房やトイレ、手洗い場の清掃・消毒、排水溝のチェックをして常に清潔を保っています。害虫駆除機も使用しています。

給食には新鮮な食材を準備し、徹底洗浄。加熱料理は75℃以上で1分以上加熱する。O-157など食中毒の防止にも細心の注意を払っています。

全保育室だけでなく、児童・学童クラブ、事務室給食室、子育て支援センターにハセッパー専用噴射器(次亜塩素酸水)を設置し、除菌・消臭を行っています。

生命を守る

AED(自動体外式除細動器)

AED完備

万一の心臓停止に備えて、職員室には、AED(自動体外式除細動器)を常備。
心室細動の唯一の治療方法が、除細動器(AEDを含む)で電気ショックを与えることだと言われています。

救急車が到着するまでの一分一秒でも早く行うことが重要で、平成14年より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、保育士が訓練を受け処置を行うことが可能となりました。

SIDS対策

また、1歳未満の乳児に起こりうる乳幼児突然死症候群(Sudden Infant Death Syndrome-SIDS)という病気があります。SIDSのはっきりした原因や予防方法は確立していませんが、ほとんどの場合睡眠中に起こり、特にうつ伏せで寝かされていた赤ちゃんに発症頻度が高いとの調査結果が出ています。

うつぶせ寝と突然死発症のメカニズムはいまだ明らかではありませんが、当園では平成8年より、SIDS対策として専用マットの使用と、保育士が10分ごとの睡眠チェックを実施しています。